ダイネーゼ東京世田谷 – Dainese Tokyo Setagaya | オフィシャルWEBサイト

CIAO!!

世田谷店 SAKAIです。

ここ1週間ほど鼻の調子が悪かったのですが確信致しました。

すでに花粉が飛んでます(涙)

花粉症持ちとしては文字通り涙が出るシーズンの幕開けです….

 

今回は花粉は別として、あらゆる天候条件でも快適なツーリング性能を発揮する、

エクスプローラー(冒険者)へ送る新作GORE-TEXジャケットのご紹介です。

 

GRAN TURISMO GORE-TEX JACKET 164,000 YEN + TAX 商品詳細

グランツーリズモ=大旅行の名を冠したこのモデルは今シーズンより展開されている、

エクスプローラーシリーズの中核モデルです。

従来よりも更に耐摩耗性としなやかさを高めた新開発のNylon 6.6ファブリックをメイン素材に使い、

耐水圧45,000mmのGORE-TEXフィルムをラミネートする事により

非常に高い防水性と透湿性を兼ね備えています。

 

着脱式の保温インナーはシェルジャケットのようなジップアップタイプ。

厚みのあるしっかりとした作りですので休憩時など単体でも使用できます。

 

新開発ファブリック -ARMACOR-

このモデルで初採用となる”ARMACOR”ファブリックは、

耐熱・耐擦過に優れたケブラー繊維を編み込んでおり高い強度を確保しながら、

生地自体は薄く・軽く仕上がっています。

この新ファブリックを転倒時に路面と接触しやすい肩・肘に使用しています。

 

フィット感・快適性を高めるウエストアジャストシステム

ジャケット内側にはバックプロテクターで採用されるような幅広のウエストベルトを装備しています。

このベルトにより腰回り全体のフィット感を調整する事が出来る他、

コルセットのような役目も果たすことにより姿勢を整え長距離時の腰回りの疲労を軽減する事でしょう。

 

ダイレクトエアベンチレーション

胸部左右と背面腰部には止水加工が施された大型のベンチレーションを装備。

これまでGORE-TEXやD-DRYをラミネートしたモデルでは、

ベンチレーションを開けてもその下に防水フィルムが存在していたため、

直接身体に風が当たるわけではなく防水フィルムとアウター生地の間の空気(熱気・湿気等)を

循環・排出する役割でしたが、このダイレクトベンチレーションではベンチレーション部分だけ防水フィルムを廃し、

文字通り夏ジャケットのように風が身体に直接導かれる構造となったことで

これまでより高い気温帯でも使用しやすくなりました。

※構造上、降雨時にベンチレーションを開放したまま走行すると浸水する可能性がございます

 

脱着可能なリストゲーター

手首にはサムホール付きで脱着可能なリストゲーターを装備。

袖口からの雨・風の侵入を抑え防寒・防水性を高めます。

不要な際はファスナーで簡単に脱着する事が出来ます。

 

グローブを携帯可能なG.O.Pockets®(グローブ・アウター・ポケット)

ANTARTICA GORE-TEX JACKETでも紹介した便利機能の一つ、グローブポケット。

冬グローブも収納可能なアウターポケットを両胸に備え、ちょっとした休憩時などに活躍します。

 

防寒性・フィット感を高める各部調整機能

襟は防寒性を高めるハイネック仕様で喉が接触する部分はソフト素材を採用。

少し開放させたいときにはボタンで開けた状態で固定する事が出来ます。

 

冬対応モデルでは標準ともいえるダブルファスナー仕様。

外側ファスナーの下には更に”かえし”が採用されていますので防風性は非常に高いです。

 

上腕と腰ポケット部はファスナーで好みのフィット感に調整可能。

腰ポケットのファスナーはポケットに荷物を積めてもライディングに支障が無いように

ポジションを調整する機能も兼ね備えています。

 

その他、快適装備

背面腰部にはロンググローブも収納可能な大容量の防水ポケットを装備。

 

胸部のダブルファスナーの間にはスマートフォンなどを収納可能な防水ポケットを両側に装備。

 

首回りの保温性を高める脱着式のネックウォーマー。

 

こちらのジャケットには背中のバックプロテクター(PRO-AMOR)が標準装備されています。

もちろん胸部プロテクターも挿入可能で、それぞれのポケットには快適性向上のために

3Dバブル構造が採用されています。

 

また、このモデルにもジャケットと対になるパンツモデルもラインナップされますので、

上下でセットアップする事が可能です。

GRAN TURISMO GORE-TEX PANTS 98,000 YEN + TAX 商品詳細

 

厳冬の今から夏前まであらゆる気候条件の中でも快適なツーリングを実現する”GT”モデル。

こちらも国内入荷数が少ない大変希少なモデルですので、

ご興味をお持ち頂きましたお早めにご検討下さいませ。

それでは次回もお楽しみに!

Ciao,Ciao~