DAINESE TOKYO SETAGAYA -ダイネーゼ 東京世田谷-Official Web Site

CIAO!!

世田谷店 SAKAIです!

 

店内を見渡していてふと目に止まったのはコレ↓

世田谷店のカウンター横にどんと鎮座するこのバッグは

OGIO×DAINESEコラボモデルの中で最大容量を誇るホイールド(トロリー)バッグです。

控えめに言って高さが約90cmもある巨大なバッグなのですが、

商品紹介の「ヘルメットやブーツも含めたライディングギア一式を収納」は

本当に可能なのか、そういえば一度も確認してなかったなと思い早速試してみました。

 

とりあえずメインスペースにレーシングスーツ48サイズを入れます。

スーツを3つ折りにした高さと同じくらいメインスペースの高さがあります。

 

 

スーツの上にはヘルメットを入れましょう。

ご使用のヘルメット・サイズ等々により置き方は都度変わりますが、

今回は長いリアスポイラーが特徴的なPISTA GP Rをチョイス。

 

 

浅めの本体サブスペースにブーツ・プロテクター類を入れてみます。

グローブも空いているスペースに入れてあっという間に収納完了!

 

さすがにパンパンになってきてますがしっかりと直立してます。

ね?入っているでしょ?

この状態でもまだまだスペースには余裕がありますので、

タオルや着替えなども十分収納可能です。

 

 

持ち上げるのはそれなりに重量を感じますが使いやすいキャリーバーと、

 

拳大の大型ラバーホイール装備なので移動は非常にスムーズかつ楽です。

 

底面はラフな扱いにも耐える質実剛健なハード構造です。

OGIOのロゴが主張しますね。

 

 

こちらが深さのあるメインスペース。

底部のOGIOロゴが入ったグレーのクッションカバーはフレキシブルに

動かすことが出来るので衝撃緩衝・荷室分けに便利です。

 

先ほどブーツ類を入れていたのはここ。

15cm程の深さがあるサブスペースにはメインスペースとの仕切りも兼ねる蓋があり、

そこにも収納スペースが確保されています。

 

バッグ本体外側にもタブレット位なら余裕のポケットがあります。

手で持ち上げる際に便利な頑丈な持ち手もバッグ上部と外側に付いています。

 

ご紹介したライディングギアの持ち運び用途はもちろん、

スキー等のウィンタースポーツ用具、長期の旅行用品を持ち運ぶのにも適しています。

このバッグを引いて空港などを颯爽と歩けば目立つこと間違いなし。

 

年末年始の何かと大きな荷物が必要なイベントのお供にぜひどうぞ!

Ciao,Ciao~