DAINESE TOKYO SETAGAYA -ダイネーゼ 東京世田谷-Official Web Site

CIAO!!

世田谷店 SAKAIです!!

 

気付けばMotoGPの開幕戦カタールがいよいよ今週末に開催ですね。

10度目のタイトルを狙うバレンティーノ、昨年初優勝を遂げ今年はスズキに移籍のイアンノーネ、

念願のワークスチームKTMで奮闘のポル・エスパルガロに

昨年驚きの初優勝を果たしたジャック・ミラーの4名が今年もDAIENSE & AGVを使用します。

ぜひ応援してくださいね。

 

さてそんなMotoGPライダーが使用するレーシングスペックのヘルメット PISTA GPと、

そのオンロードモデルのCORSA Rがモデルチェンジして今夏登場です。

 

PISTA GP R  モデルページ

(左)SOLELUNA2016、(右)IANNONE2016、(下)PROJECT46 2.0

(左)GRANPEMIO、(右)MATT CARBON

 

前モデルPISTA GPからシェル形状は受け継ぎながら、

新開発のリアスポイラーやエアベンチレーションにより外観がよりアグレッシブになっています。

一見同じように見えるシールドも厚みが3.3mmからなんと5mm厚となったほか、

独自のシールドロック機構もより強固かつ確実なシステムとなっています。

更に市販モデルとしては世界初のハイドレーション(給水)システム対応と、

ピュアレーシングモデルとして更なる進化を遂げました。

 

カラーリングもすでにお問い合わせの多いバレンティーノが2016年から使用している

“SOLELUNA2016″や人気の”PROJECT46 2.0″、

ファンには堪らないイアンノーネのフルレプリカモデルがラインナップされます。

またシンプルなカラーリングが好みの方にはマットブラックのソリッドモデルと、

艶有りにレッドストライプが映える”GRANPREMIO”カラーがおすすめです。

 

 

CORSA R モデルページ

(左)ROSSI GOODWOOD、(右)ESPARGARO 8H SUZUKA 2015、(下)ESPARGARO2016

 

(左)GUY MARTIN、(右)ARRABBIATA、(下)MATT BLACK

 

PISTA GP RがピュアレーシングモデルならばこのCORSA Rはオンロードモデルの最高峰です。

PISTA GPとうり二つだった前モデルから、外観はほぼそのままながらPISTA GP Rと同じ

新開発のシールドとシステムを採用し安全性を強化。

オンロードモデルとしてより扱いやすさと快適性を追求して、

インナーパッド(頭頂部)は冷暖に合わせて表裏をひっくり返る事が出来るリバーシブル仕様。

暑くても寒くても頭部を快適に保つ新開発のシステムです。

 

カラーリングは人気のGUY MARTINとMATT BALCKは据え置きで他を一新しました。

2015年のイベントでバレンティーノが使用した

ROSSI GOODWOODは往年のヤマハインターカラーファンにはマストアイテムでしょうか。

またポル・エスパルガロモデルが2つも登場したのは嬉しいですね。

レッドラインが映えるARRABBIATAもレプリカほど派手なのはちょっと…という方にお勧めです。

 

PISTA GP R / CORSA R両方の共通項として、新開発のセーフティリリースシステムがございます。

これは万が一のアクシデントで頸椎を損傷している(かもしれない)場合にヘルメットを無理に脱がそうとすると、

頸椎に負担がかかり余計に状況を悪化させる可能性があります。

そういった状況時に赤いタブを引っ張るとチークパッドがするっと外れる仕組みになっており、

こうするとヘルメット開口部が広がるので頸椎に負担を掛けずに脱がせる事が可能です。

これもレースシーンから誕生し、今や急速に広まっているセーフティ機構です。

 

またどちらのモデルも内装はもちろんアジアンフィット(日本仕様)。

国産メーカーと同じ感覚で使用できますのでご安心下さい。

 

PISTA GP R / CORSA Rは今夏に一斉に登場予定です。

初回入荷数はあまり多くありませんので気になるモデルがございましたら、

ぜひお気軽にお電話下さいませ♪

 

それでは次回もお楽しみに!

Ciao,Ciao~

 

※世田谷店は明日22日(水)は定休となりますのでご注意下さい。