DAINESE TOKYO SETAGAYA -ダイネーゼ 東京世田谷-Official Web Site

CIAO!!

世田谷店 SAKAIです。

皆様2018年初乗りはお済ですか?SAKAIは寒さに負けて未だ初乗りが出来ていません。

DAINESEの優れた防寒ジャケット・グローブを持ってはいるものの、

気持ちの面でこたつでぬくぬくを選んでしまう軟弱者でございます。

 

さて今回は先日入荷した新作ジャケットモデルの中から、

安全性の高いレザー、通気性抜群のメッシュファブリック、更に防水・防風インナーと

冬場のライディングに重宝する保温インナーまで備えた多機能モデルのご紹介です。

 

CORBIN D-DRY LEATHER JACKET 79,500 YEN + TAX 商品詳細

黒一色でどんなバイクにも合わせやすいシックな外観です。

腕外側と胸上部・脇は引き裂き強度に優れた”Grid cowhide Leahter”を使用。

 

目が細かいので一見すると普通のファブリックに思えますが、

胴体前後と腕内側にはメッシュジャケットモデルに匹敵する面積でメッシュファブリックを使用しています。

 

最大の特徴はアウター、防水・防風インナー、保温インナーの3重構造を採用している事。

一般的な秋冬モデルであればジャケットアウター裏側に防風フィルムがラミネートされ

取り外しは不可のため保温インナーを取り外しても

風が入ってこないので気温が上がってくると暑くなります。

 

このモデルはアウターの下にまず防水・防風のD-DRYインナーを装備。

 

続いてその下には秋冬モデルにも採用されている保温インナーが付いています。

ご覧のようにそれぞれが独立したジャケット状態ですので様々な気候に合わせる事が出来ます。

 

アウターと保温インナー同士でも連結が可能な作りになっていますので、

例えば春秋で高速走行時など外気を取り入れつつも、冷えすぎないようしたい時などにも重宝します。

 

2枚目の防風D-DRYインナーはしっかりとした厚手の仕様となっているので、

これだけでも単体の防風・防水インナーとして他のジャケットやアウターと組み合わせて使用できます。

もちろん各インナーはコンパクトに折り畳めるのでツーリングの際など嵩張る事無く携帯できます。

 

快適性ばかりに注目しがちですが、安全性もぬかりなし。

バックプロテクターは全サイズ対応、胸部プロテクターもハード・ソフト共に専用ポケット装備で

ズレる事無く確実に着用して頂く事が可能です。

またジャケット・パンツ接続用のファスナーも装備しています。

 

これからの時期であれば冬の間はアウター+フルインナー、

春はアウター+防風もしくは保温インナー、

夏はメッシュアウターのみで快適にシーズンを過ごして頂けます。

 

これからジャケットを買おうと思っているけど色々タイプが有り過ぎて迷っている方や、

1着で幅広いシーズンを使えるモデルをお探しの方に特にお勧めです。

 

因みにSAKAIも同様の3重構造の下記モデルを使用していますが、

1年の内、真夏以外の10ヶ月位はインナーの組み合わせを変えて使用しています。

 

HAWKER D-DRY JACKET 55,000 YEN + TAX 商品詳細

 

今回ご紹介した新作の”CORBIN D-DRY JACKET”は現在44~50サイズが揃っていますので、

是非店頭にてご覧くださいませ。

 

それでは次回もお楽しみに!

Ciao,Ciao~